« 木村沙織 | トップページ | 異父四頭 DERBY STALION 64 BC »

2011年12月15日 (木)

裏メニューが喰える人生は得だね

今年もあと半月となり、シーズン的にも夜に外食する機会も増えますが、

仕事がら、人と同じ店に行っても違う特別な物が食べれるってのは恵まれてますね。

店へ材料を入れている業者に一言伝えてから行くと、完全に別待遇。

メニューも特別であるが、接客も違う。

それなのに勘定は普通より安い・・・って得過ぎやわな。

「人脈」とか「顔」ってのは人生を有利にするが、時折それが腹ただしくなる。

自分で利用しておきながらも、やっぱ平等でないとあかんやんと思うな。

一番思ったのは27歳の時や。

母が入院している病院では手に負えず、某大型病院に移る事となった時に、受け入れる病院側が「ベットが一杯なので1ヶ月ぐらい無理です」の一点張り。

しかし尼崎の某代議士にお願いして、病院に言ってもらうと、翌日に入院出来た。 ベットの空きが無かったんちゃうんかい!偉いさんが言うたらこれですわ。

ワシ自身も毎月通っている病院で、とにかく何処もそうやろうが会計待ちが長い。

せっかく診察が早く終わっても会計待ちで長く掛るわな。

この通っている病院内の知り合いに言うとそれから毎回めちゃめちゃ早くなった。 おそらく優先的に処理し順序を飛ばして会計してるんやろな。

自分でやっといてなんだが、こういった事が色々と世間にはあるんやろ。

冒頭に話を戻すと、食べ物も易くて、いい物を、最良の接客で食べれるなんて贅沢極まりなし。

普通に食べに行くのがバカらしくなるわな。

店によっては裏メニューどころか「裏部屋」まである。

所謂、お忍びって奴やな。

正面からやなく、裏口から入って、通常の店内とは一切接触のない部屋に行き、そこで食す。

政治家や有名芸能人などが使うんやろ。

ワシも1件、そんなところに行く。ワシは有名人では無いが、食うのはフグで、当然出してはいけない月干を出すので、人目につかない裏部屋で食べるのである。

年に2回ほどしか行かないが、いつか罰が当って、フグにも当たるんちゃうやろかとか思うね。

まぁ、ワシの場合はフグの調理免許をワシ自身が持っているので、自宅で自分で調理して食う事も可能なんですがね。

・・・ネタではなくマジで、やりかた忘れてもうてるんですわ(ぇ

なんとなくは覚えてますけどね。

なんとなくで良ければ調理して、おもてなししますよ(ぁ

ワシは食べへんけど(ぉぃ

« 木村沙織 | トップページ | 異父四頭 DERBY STALION 64 BC »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100211/53492748

この記事へのトラックバック一覧です: 裏メニューが喰える人生は得だね:

« 木村沙織 | トップページ | 異父四頭 DERBY STALION 64 BC »